profile

東京都在住。一児の母。

38歳の時、風水と出会う。

40歳を目の前にして、婚活を始めるも、挫折を繰り返す日々。

そして独学で婚活のための風水を取り入れます。

風水インテリアやパワーチャージ旅行を楽しんでいた所、その後すぐにメキメキと仕事運と金運が上がっていることに気づき、驚きます。

次々と運のいいことが続き、自分の環境が風水によって、整えられているのを感じたのです。

(風水は、陰陽五行がベース。恋愛運も金運も仕事運も巡っているからなのです。)


そして、奇跡的に40歳で年下の今の主人と出会い、翌年41歳で結婚。42歳で出産。

“40代は誰かのために生きたい”という願いが、風水を使って実現することを経験します。


育児休暇を経て復職後、ワーキングマザーを続けていく中で、会社と家庭の両立の壁にぶち当たります。


ママとして忙しい日々の中、風水も片手間だったことを反省します。そして、働く社会で起こるストレスから逃避し続けている自分に気づくのです。

自分を救ってくれた「風水」を学び、本格的に取り入れたい!と一念発起します。


2016年、風水心理カウンセリング協会の風水セミナーを受講。

風水が『環境学』であることを知り、学問として学ぶことを決意。

そして、風水心理カウンセラー、風水インテリアアドバイザーの資格を取得。


また、人は目に入るものが心理として作用する風水理論から、潜在意識や自分の思考癖が分かる心理学を学びます。


私が学んだ風水心理学は、

運を掴むための、天地人の考え方。

天は、運命(九星気学)

地は、環境(風水)

人は、人とのご縁(自分の生き方、人との関わり)


衣食住動、すべての環境を風水の法則で整えることが人の心理に影響して良い運を運んでくること。

自分の心理が幸運の扉を開いていくことができるエッセンス、それが、風水心理学。


風水をシンプルに生活に取り入れ、少しでも自分の願いが叶い、自分に自信を持てる女性が増えていくことを願っています。


私の風水を取り入れたアラフォー婚活での経験、40代からのワーキングマザーでの経験を通して、

いつかこうなりたい!描いた未来を実現したい!

そんな思いを“風水心理学”という道具を使ってお手伝いをしていきます。


赤名一花

 風水心理カウンセリング協会

 風水心理カウンセラー

 風水インテリアアドバイザー




  赤名 一花          Akana Ichika



(一社)風水心理カウンセリング協会 羽田校(東京)

風水心理カウンセラー

風水インテリアアドバイザー